« 親切なおじいさんに感謝 | トップページ | 松田直樹選手の御冥福をお祈りします »

親切にしてくれたおじさんにお礼

今日は息子達のサッカー活動が午後からと言うことで、午前中に今週の水曜日に長男坊が親切にしてもらったおじさんのお宅まで私と嫁さん、長男坊の3人でお礼を言いに行ってきました。

名前と連絡先が分からないままでしたが、長男坊がこのおじさんの家を覚えているとのことだったので、長男坊の案内でその家まで向かいました。

その家の玄関先に着いてみると、表札も無く、今では住んでいる様子が感じられず、もちろんそのおじさんの姿はありませんでした。とても不安になり、辺りを見回すと道路の反対側では畑で農作業をしているおばあさんの姿が見えたので、事情を説明して、その家のことを尋ねることにした。

そのおばあさんの話によると、その家は既に亡くなられた老夫婦が以前住んでいたお宅で、たまにその息子さんが出入りしているとのことで、その息子さんの名前と現在の住まいの場所を教えてもらった。住まいの場所は詳しく説明するのが難しいとのことで、出来ればまた近くの住人に尋ねてもらいたいと言われたので、まずは教えてもらった場所まで車を走らせた。

団地の敷地内に入り、まずは1軒1軒表札を見て回った。しばらくすると犬の散歩をしている女性がいたので尋ねてみると、「自分は分からないのでこの辺のことに詳しい方を紹介するので尋ねてみてほしい」とのことだったので、またまた紹介して頂いたお宅まで行き、事情を説明し尋ねてみた。

すると、詳しく家の場所を教えてもらえたので、お礼を言って教えてもらった家へ向かった。

表札を見ると、教えてもらった名字と同じSさんのお宅だった。

3人顔を合わせて「ようやく辿り着いたね」と喜んでいた矢先に、後ろから「何かウチに用ですか?」と、おばさんに声を掛けられ、事情を説明した。

それを聞いたおばさんは、「あ~、それはね、ウチの旦那のお兄さんよ~」と一言。

ようやく辿り着いたと思ったが、ここでも無かった。。。

おばさんは、「お兄さんの家もこのすぐ近くだから私が案内してあげる」と親切に答えてくれたので、そのおばさんと共に車に乗り込み、Sさんのお宅へ向かった。

「今度こそは!」と意気込んで、Sさんのお宅のインターホンを鳴らすとSさんの奥さんが出てきてくれた。事情を説明すると、タイミングが悪かったようで、近所の法事へ出掛けたとのこと。「ここでもすれ違いか。なかなかSさんに辿り着かないな」と思いながら3人で顔を見合わせていると、「法事へ行ったのは隣の隣。2軒先のお宅なのよ。一緒に行きましょう」とSさんの奥さんが言ってくれた。

Sさんが法事へ行ったお宅へ向かい、インターホンを鳴らし、Sさんを呼んで頂いた。

ここでようやくSさんと会うことが出来た。

Sさんは驚いた顔で私達からの言葉を聞いてくれた。

Sさんは終始謙虚な言葉で、「逆に悪いことをしてしまったかなって心配な気持ちもあった。そこまでする必要もないかもと思ったりもしたけど、良かったのかい?」と話してくれた。

とにかく感謝と感動の気持ちをSさんに伝え、「Sさんのように出来る人はなかなかいないと思います」とも伝えました。何度も頭を下げ、みんなが笑顔で話せたこの時間が本当に良いものだと感じることが出来ました。

ここに辿り着くまでに何人もの人が私達の話に耳を傾け、嫌な顔もせず親切に答えてくれました。今日、このことで私達に協力してくれたみなさんにも本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

今回のことは私達家族にとっても思い出深い出来事の一つになりました。

息子達が大きくなって、このことを忘れずにいてくれたら、このSさんのように他人にも手を差し伸べられる、親切が出来る人間になれるかと思います。

Sさん、この度は本当にありがとうございました!

P.S 長男坊の話ではSさんのことを「おじいさん」と表現していましたが、実際にお会いしてみると、60歳くらいの方でまだまだお若い方でした。足が少し悪いようで、歩行に不安があるようでしたが、それでも今回のように出来る行動力は立派だと思います。凄いです。

« 親切なおじいさんに感謝 | トップページ | 松田直樹選手の御冥福をお祈りします »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 親切なおじいさんに感謝 | トップページ | 松田直樹選手の御冥福をお祈りします »

フォト

こちらもやってます

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

週間天気予報♪


サッカー命の税理士が送るWroldCup
生命保険相談屋によるパーツ
無料ブログはココログ