子供は「希望」

たった今、テレビで被災地の避難所での今を映像で流している番組内で。

思わず涙腺が緩くなってきた私も勝手に涙があふれた映像。

励まし合い。頑張って行きましょうと声を掛け合い、それが普通に振る舞える姿。

そんな映像を見た感想を、まだ不自由ない生活をおくれている場所から軽く言えることではないのは分かっているけど、何ともたまらない感情が溢れてきてしまう。

避難所で積極的に活動をしている小学生。

卒業式を予定通りに迎えられない最上級生達が「今度6年生になるみんなの為に学校を綺麗にしておかないと申し訳ないと思って」とコメントしながら明るく振る舞う姿。

それを支えている大人達も、その姿を見て「子供達に感謝の気持ちもある」「子供は『希望』ですから」と続ける。

避難所でトランペットの音色が流れる。吹いている曲は「上を向いて歩こう」。

それを聞いているお年寄り達が涙を流しながら「勇気を与えられています」と。

同じ状況になった時に自分や家族が同じように強い気持ちで次の一歩が踏み出せるだろうか。

情けない話だか不安になる。

色々と本当に考えさせられるここ数日間。

私達は次の世代。その次の世代へと伝えていく使命があるのだ。

考え方は色々あるが、自分なりの考えを強く持って陽気に振る舞える人間になりたい。

何でも良いから考えよう。

そして繋がりをたくさん持とう。

決して簡単なことではないけど頑張ろうと思う。

フォト

こちらもやってます

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

週間天気予報♪


サッカー命の税理士が送るWroldCup
生命保険相談屋によるパーツ
無料ブログはココログ