備えあれば憂いなし

「備えあれば憂いなし」

ごもっともな ことわざ なのですが、その為の準備にはお金や時間を費やさなければいけないものや、人員や敷地を必要としたり、しっかりとしたマニュアルや充分な知識を必要としたりもします。

小規模のものから大規模なものまで。

「安全」「安心」を求めていくには、共通意識や共通理解が不可欠です。

仕事で部署が換わり、そんなことに意識が高まってきた今日この頃。

あの未曾有の東日本大震災が起きてから、良く耳にする「BCP」(事業継続計画)も企業にとって普及を促進させていく重要な事項となってきている。

近隣企業との意見交換会なども行われていることと思います。

地震に限らず、台風や火災など災害に対して事前に危険なところを摘み取り、被害を最小限に防ぐ努力は必要であり、その後の行動も迅速にまとまって行われるか否かは大切です。

一人一人の意識を高めて、みんなが分かりやすく理解出来るように。

そう言った準備、対策を仕事の中で自分の蓄えの場として、家庭でも活かせたらと思います。いろいろと大変ですけどね。

そんな中で自分の住んでいる地域の情報を仕入れて頭に入れておくことは大切です。

掛川市に住んでいる方は、こういったホームページも一度は見ておくと良いと思います↓

・静岡県掛川市 市民安全課ホームページ

こんなものもありました↓

「H23taishinkakeikaku.pdf」をダウンロード

掛川市の公共建築物の耐震化計画の資料です。

自分が住んでいる地域の情報はインターネットで探すと色々と見付けることが出来ます。

興味がある方は一度探してみると面白いかも知れませんよ。

ではでは、そんな感じで。また~paper

「楽しみを覚えよう」

最近も休日に余裕があればRunningへ出掛けています。

個人的に朝の7時~9時の時間帯に走るのが一番気持ちが良い。

住んでいる地域の人達も活動し始める朝の時間帯。

色々な風景がみられる。

農作業にせいを出している人達。

植木に水をあげている人。

家族で出掛けるのか玄関先でバタバタと慌てながら車に乗り込む人達。

犬の散歩をしている人。

私のようにRunningしている人。

部活動に行くのに自転車で走っている中学生。

見ず知らずの人に「おはようございます!」なんて挨拶をされると凄く気持ちが良いです。

走る時間帯はその時によってマチマチだけど、走り終わって家に戻れば玄関先で入念にストレッチして、100%果汁のジュースを注入して、シャワーを浴びて汗を洗い流して、ゆっくりと食事して。

午後に走りに行く場合なんかは、その後に昼寝なんかもしちゃうんですが、これで夜に飲むアルコールが数段美味しく頂けるんです。これは休日の過ごし方の贅沢フルコースですね。

走るコースの定番は、家を出発したあとに東へ向かい、近くを流れる菊川という川の堤防を通り南下して橋を渡り、反対側の堤防を北上して家に戻るって感じ。(おおよそ6~7Km)

川のそばを走るのは本当に気持ちが良いです。橋の上を走っている時に、とてつもなく気持ちの良い風が吹けば、思わず勿体なくて歩いてしまうくらいです(笑)

家から北に向かえば、土方小学校を通り過ぎて大坪台団地をぐるっと回って折り返し家に戻るコース。(おおよそ9.5Km)

家からずっと東に向かって、千浜小学校を通り過ぎて、その先にある家族で親しいお付き合いをしている勝澤さんのお宅に乗り込み10分ほど談笑(基本的に飲みのお誘い)して、折り返して家に戻るコース。(おおよそ9.5Km)

勝澤さんのお宅を折り返し地点にして、電話やメールでのアポイント無しで突然お邪魔しても今ではあまり驚いてくれない(笑)

「よっ!また走ってきたのか。良くやるなー」って感じで迎え入れてくれる感じです。

自分が学生の頃は、こんな風に自主的に走るなんてことをしていなかったし、歳を重ねてから始めるとも思っていなかった。

そうなったのも去年から体調を崩し始めて今年の6月くらいまでに、だいぶ虚弱体質になってしまっていたこと。

少しずつ体調も良くなり始めてきて、体力向上と体調維持にと走ってみようと思ったのがきっかけで。

中学生になった息子達の成長に、自分が負けてしまうのは嫌だと思う危機感も加わって、続けることのカンフル剤となっていたりして。

息子達の体の成長で、まだまだ「腕力」や「力」で負かされるなんて気はしていないが、「体を動かす」という部分では現時点でも危うく感じている。でも、負けたくない。

長距離を走る上で、「脚力」や「体力」や「リズム」と大事な部分はあるだろうけど、精神面での強さも大事だと感じる。

自分の体に問いかけながら、気持ちで体を突き動かす部分だってある。

「出来る」「出来ない」も自分次第、見たいなところも実際に走っていて感じる。

別に強制的に走らされてる訳でもないので、「おっ、時間に余裕があるし走ってこようかなー」なんて気持ちで、ささっと走る支度をして家を出る。こう言った感じが「楽しみを覚える」ってことなんでしょうね。

友達と遊びに行く子供の感じと全く同じ感覚ですね。

やはり強制的ではなくて、自主性を持たせることが何事も継続させることのポイントなのかも知れません。

「遊び」以外のことには、「タイミング」や「きっかけ」も大事だし、人それぞれが違うのは当たり前なこと。

「好き」や「嫌い」じゃなくて、「楽しい」や「楽しくない」という風にくくられる部分なんでしょうかね。

「好き」だから止められない。←なんだか独り善がりな感じが不思議と沸いてきます。

「楽しい」から止められない。←なんかもっともっと輪を広げていけそうな感じがします。

あくまでも自分の捉え方なんで何とも言えないですが、自分が実際に「嫌だな」と思っていたことも「楽しい」と思えるようになったことで、「楽しい」という感覚は凄く大事なことなんだと再確認出来ました。

来年の今頃もこんな風に走れているのか分かりませんが、季節の変化を直に感じながら走り続けることが出来たら良いなと思います。

そんな感じで久しぶりのブログ更新でした。

それでは、また~paper

P.S. 最近、「ブログを更新しないもんでどうしたんだ?って思っちまうじゃねーか!」って勝澤さんに叱られるので頑張って更新しました(笑)

充実した3日間

9月17日(土)

母の還暦を兄弟みんなで集まって祝おうと言うことで、この日は朝の4時に静岡の家を出発し、いざ、実家の茨城県大子町へ。

途中の首都高で少し渋滞につかまりながら、何とかほぼ予定通りに到着。

こちらの地域は今が運動会のシーズンのようで、私の母校である小学校でも大勢の人でごった返しになっていた↓

P10308491

懐かしの母校も過疎化が進んでおり、生徒数が急激に減った。

そんなことで、今では近隣の小学校が6つ合併して1つの小学校に集まる形となってしまっている。それでも、私の小学校時代の全校生徒数よりも少ない現状だ。

私の兄弟も6人全てが実家を離れ暮らしていることを考えれば、子供の数が減るのは当たり前か。町全体の人口が減っていて、働き口も減り、店舗も減り、行動範囲が狭い高年齢化が増えているのだから町としては本当に深刻な問題なんだろう。

5年ぶりに帰って色々な場所が変化していた。生まれ育った故郷を離れ、今では静岡県民の私には言える資格はないのかも知れないけれど改めて寂しいと感じた。

母と再会して、母と一緒に外食へ出掛けた。

母の提案で、私の親友の親が経営しているラーメン屋へ。

学生の頃に通い、いつも食べていた「塩バターラーメンと餃子」の味が蘇える。

久しぶりに親友の両親とたくさん会話をして、本当に懐かしい感慨深い時間を過ごせました。近いうちに親友の本人とも会いたいと思いました。

で、ここから200mほどの距離にある「旧上岡小学校」。私の母校と合併した関係で廃校になってしまった小学校だが木造であり、たたずまいから良くロケ地として利用される。私の中学校時代にはアーティストの「チャゲ&飛鳥」のPV撮影にも使われた。そんなこんなで、ついでなので立ち寄って見学。それなりに他県からの観光者がいました。

P10308542

P10308513

少し時間に余裕があったので、「月待ちの滝」にも立ち寄り記念撮影↓

P10308585_2 

滝の内側に入れるので、これが結構気持ちが良い。水量が少なめだったのが残念だったけど久しぶりに来て良かったです。

P10308564

いよいよ、夜には兄弟が集まり、母の還暦のお祝いスタート。

たくさんいる孫達からのメッセージなどの贈り物。

P10308686_2

姉のファミリー(長女欠席)と母↓

P10308798

兄のファミリー(長男欠席)と母↓

P10308809

私達と母↓

P103088210_2

弟のファミリーと母↓

P103088411

妹のファミリーと母↓

P103088512

みんなで記念撮影↓

293

途中からカラオケも始まり、姉と兄のディエット↓

2961

子供達もカラオケデビューし、凄く可愛らしい姿をみんなに披露してくれた↓

2952   

あっと言う間の3時間だったけれど、私達兄弟にとっては凄く濃密な時間だった。

母も凄く喜んでくれていた。

一つ屋根の下で育った私達兄弟が、それぞれに家庭を持ち、その家族達がまた気兼ねなく談笑出来るこの感じが本当に温かく、落ち着く空間を作る。楽しい。

また集まって母を喜ばせよう。

それまで、お互いに健康で元気に良い家庭を築いていこうぜ!

とりあえず、「お母さん還暦おめでとー!!」

9月18日(日)、19日(月)

日が替わって酔いも醒めないうちに静岡の自宅に向け実家を出発。

多少、東名の事故渋滞にはまりながらも7時間掛けて帰宅。

そして、掛川駅で待ってくれている高校時代の大親友Tと合流。(9年ぶりに再会)

一緒に二人で温泉に行き近況報告なんかしながらゆったりして、家に帰って朝の4時過ぎまで飲みながら昔話に夢中になってたくさん話した。本当に懐かしく良い時間だった。

で、酔いも醒めないうちにまたまた近辺を色々と会話しながら見て回った。

「折角だから海に行こうぜっ」のTの言葉で近くの海に行って2ショット写真↓

Hi3g02641_2   

Tは高校時代と変わらない顔で、私に比べて全然若々しい。ビックリする(笑)

一緒に高校時代にサッカーを共にプレーし、興味があったらしいエコパまで連れていった。

ちょうど無料見学ツアーの日だったので、エコパの内部を色々と見学し(私も初体験)、楽しい時間だった。

さわやかのげんこつハンバーグを食べに行ったり、掛川城に行ったりと普通に観光を楽しみ、これまたあっと言う間に別れの時間になった。

久しぶりに色んなたくさんの人と会話して笑って、濃密で充実した3日間を過ごし、疲労感はハンパないけど、それ以上に楽しかった。

ハードな日程だったけれど、行動しなくちゃ味わえないことだと思う。

またこんな風に楽しめるよう、普段の生活を頑張っていきたい。

そんな感じで今回はこの辺で。また~paper

いよいよ

いよいよ、明朝に自宅を出発して自分の故郷へ家族を連れて帰る。

実に帰るのは5年ぶりになるだろうか。

母の還暦を祝おうと久しぶりに兄弟みんなが集まる。

兄弟みんなが、それぞれ家庭を持ち、いい大人になった。早いものだ。

姉の長女はもう19歳。あっという間だ。

母は60歳にして14人もの孫を持つ。

明日、集まるのは総勢26人。

今回は初めて兄弟同士で自分の夫や嫁を紹介するなんてことや、子供を紹介する。そんな感じだ。

母も全ての名前を覚えるだけで頭がパンクしそうだろう。私も覚える自信が全くない(笑)

学校で言えば一クラス分くらいになる人数。大騒ぎになるだろう。

母は嬉しくて涙を流すに違いない。嬉しいと言う感情がいっぱいになって。

本当に短い時間だろうけど、思いっきり楽しんでこようと思う。

正直に言ってしまうと自分は4つ下の弟に会うことが一番の楽しみだ。

これが本当に良い記念になると嬉しく思う。

そして、1日だけの滞在で直ぐに自宅へ舞い戻り、日曜日の夜は自分の高校の時の大親友と9年ぶりに再会し、我が家で一晩飲み明かす予定だ。

ハードで濃い3日間になるぞ。これは。

そんな感じで、これから速攻で寝て旅立ちます。

ではでは、みなさんも良い休日を~paper

妹からのメール

私の母が今年の誕生日で60歳になり、還暦を迎える。

昭和26年にこの世に誕生し、めでたく60周年。

決して裕福な家でなかった為に、長女で生まれた母は幼い頃から実の弟をおんぶ紐で背中にくくりつけ、一生懸命に家庭を支えようと少しでも家にお金や食糧を手にしようと一生懸命に働いたそうだ。学校で勉強するよりも、家の為になることを必死にこなしてきたと、私が高校生だった時に色々と話を聞いたことがある。高校3年生の秋に自分が部活を引退して、バイトに明け暮れて遅い時間に家に帰ると、そこからたくさん母と会話をしたもんだ。

母は中学校を卒業した後、高校に進むことはせずに、ここでも家の為にと必死に働いたそうだ。4人兄弟の一番上であることで自分に責任を重く仮せていたのか、苦労することを惜しまず、遊ぶことに鈍感な生活を送り、終いには我々子供6人を授かりながらまた苦労して。

私が小学校4年生の時に両親は離婚して、母一人の力で我々子供6人を育ててくれた。

学生時代に私の周りでも片親は数人いた。みんな現実逃避してグレて暴走族なんてのが普通だった。母の後姿を見て育った私はそんな風になる勇気は逆に持てなかった。4つ年上の姉は少しグレた時期があってレディースに入っていた時もあったけど・・・(笑)

母には本当に色々と苦労をかけた。

今となっては兄弟全員が実家を出て、母一人で住んでいるが淋しいようでたまに電話をくれる。電話越しに「まだまだ私は頑張れる。心配するな。」と言っているが、母らしい言葉の裏返しで本当に淋しいんだろうなって思わせる。

そんな苦労ばかりの60年を頑張ってきた母を兄弟みんなでお祝いしてあげようと音頭をとって連絡してくれたのが妹だ。

母の誕生日は9月9日。

次の週の9月17~19日が3連休ということで、このタイミングで兄弟みんなで集まってお祝いしてあげようと言うのだ。

とうぜん賛成。

去年の11月に静岡の我が家へ遊びに来てくれた時に、妹とは真剣に色々な話をした。

けっこうバラバラだった兄弟の仲を、お前が中心にまとめて欲しいとも私から話を持ち出した。

私の兄弟には色々な出来事が起き過ぎていて、本当に複雑な状態の時期が長く続いた。

4つ下の弟と6つ下の妹自身にも色々とあったけど2人は本当に気を使いながらも私を慕ってくれて、本音をたくさん話してくれる。けれど離れて暮らしている分、会うことは少なく、楽しく話せる機会は激減している。

それでも妹は自分の生活も落ち着いたところで、何か恩返し的なことをしようと言う気持ちが強いのか色々と考えてくれているようだ。本当に頼もしくなった。

兄弟みんながまとまりたいと思っているのはきっと一緒。

今までが色々とあり過ぎた。

12年間、音信不通になっていた2つ年上の兄も今回の震災がきっかけで姿を現した。

結婚もしていて子供もいる。私はまだ再会していないけれど。

色々と今回は条件が揃った。母の還暦をお祝いする材料は整った。

妹からのメールで兄弟みんなが揃って、母を囲んでお祝いしながら賑わえる時は直ぐ側まで来ている。

妹は写真屋さんを呼んで記念撮影をすると準備してくれているようだ。

私達家族全員で帰れるかどうかはまだ分からないけれど、自分一人だけでも実家に帰ってお祝いしてあげたいと思う。

この機会を逃してしまうと、兄弟がまとまる機会を逃してしまいそうで正直恐い。

色々とあり過ぎたからこそ、それをネタにしてワイワイ盛り上がろうじゃないか。

そして、母に嬉し泣きさせてやろうじゃないか。

来月は嫁さんの実家へ。そして9月には自分の実家へ。

親、兄弟の有難味を再確認しに一生懸命に車を走らせよう。

実家へ帰って少しでも心の重荷を下ろし、気持ちを軽くしてこよう。

会わなければ。

その為にもまずは自分の体調管理を。

さぁ、寝るぞ!

嗚呼・・・なんてこった・・・

1月末に自分の愛車の車検でこってりと大きな出費に悩まされたばかりだったのに、また出費が重なる羽目になってしまった。。。

9年落ちで走行距離12万Kmを超えたこともあり機嫌を損ねることが増えて昨日の仕事の帰りには会社の駐車場で立ち往生・・・。

キーを回してエンジンを掛けようとしたら、うんともすんともいわない状態。

バッテリーは車検の時に交換したばかりで、現物を見ても異常が無さそうだし、異常表示も点灯していない。バッテリー上がりでは無いと思いながらも余り知識が無いだけに幾らボンネットの中を睨みつけても原因が分からないと言うことで、JAFに電話して車を見てもらうことに。

JAFの人とバッテリーを確認して異常が無いことが分かり、自分がキーを回しながらJAFの人が、コンコンと何かを叩くと見事にエンジンが掛かった。

JAFの人が叩いていたのはセルモーターで、エンジンを始動する肝心な場所。

寿命のようだ。

オートマ車がセルモーターをやられるともうどうにもならない。

JAFの人が出来るのはここまで、と言うことでディーラーに電話して事情を話すが対応できるのは翌日と言われたので仕方なく家に帰ることに。

無事に家に辿り着き、一度エンジンを切って、再度エンジンを掛けてみるが全くの無反応・・・。同じようにセルモーターに衝撃を与えてチャレンジするが、もう一度エンジンが掛かることはなかった・・・。

今日になって、ディーラーの人に家まで来てもらって、現状を確認してもらったがお手上げ状態。私の愛車はトラックに積まれ入院することになりましたsweat01

ディーラーの人と話して、オーバーホールされたリビルト品と交換することにした。

今の愛車とこれからまた長い付き合いをすると言っても限界があるので新品と交換するのも金額的に高価過ぎると思い安く済ませる方向に。

来月には嫁さんが乗っている車も車検を控えている。

移動するのには重要な手段である車も安い買い物じゃないだけに色々と頭を悩ませる。

何だかんだ言って今乗っている車にも愛着はあるしね。

「維持費にお金が掛かるなら、いっそのこと新しくしたら」と言う人もいるけれど、「ハイ、そうですか」と簡単に済ませられるほど裕福ではないし・・・。

自分の体調が上向き調子になってきて、「さあ、これから」と言う時に今度は車が調子を崩してしまった。非常に残念。

お盆休みに嫁さんの実家がある岩手県まで(片道900Km)帰るつもりでいるけど、何だかとても不安だ。今回ばかりは嫁さんも不安な様子。

岩手県の実家に帰る日は少しでも涼しい夜中に徹夜で出来るだけ近付くことが出来るように強行手段で運転を頑張るつもり。

それでも大型連休時には辿り着くまで12~15時間は必ず掛かってしまっているので自分の体力がどこまで続くか大事なところでもある。震災後から東北自動車道の交通量も2割増しの状態らしいので、どうなるか予想がつかないけれど、とにかく今の調子で自分の体調管理もしっかりとして準備を整えていこう。

長男坊のサッカーの合宿の日程のこともあって本当に今回の帰省は強行日程。

けれども、電話であれだけ私達家族の帰省を心待ちにしている嫁さんの母の期待には答えたい。自分と愛車が潰れないように祈りを。。。

よ~しっ、今週の休日も体力維持の為に走るぞ~!

みなさんも益々暑くなってくるので夏バテにはご注意を!

それでは今日はこの辺で。また~paper

走る楽しみ覚えました

暑さも本格的になってきましたsun

みなさんはどうお過ごしでしょうか?

自分の体調もだいぶ上向きで、不眠症も解消されつつありますup

そんなこともあり、これまでで落ちてしまった体力的なものに少々不安を感じるようになり、最近は休日限定で出来るだけ走ることを習慣付けしようと思うようになり、10Km前後のコースを選びながらランニングをするようになりました。

昼間に畑や田んぼの横道を走っていると、のどかでもあり、農家の人達が暑い中で汗水流しながら夫婦でせっせと働いている姿なんかを見掛けると、エネルギーを分けてもらえる感覚で何だか自分も頑張れます。

普段は車を運転しながら通っている道も、「こんな感じで走れれば納得できるかな」なんてイメージして、実際にランニングに臨んでみると、自分のイメージの様には体はついていかず、何度も独り言で「クッソ!」、「こんなんじゃ駄目だ」とか言いながら走ったりして。

「今度はこんなコースで走ろうかな」って思ったら、車の走行メーターで、おおよその距離を測ってみたりして。

息子達と走るのも刺激になったし、一人で走ってみてもそれはそれで面白味を感じることが出来たし、あとはこれを続けられるように努力してみようと思います。

今日は続けられるようにと自分にプレッシャーをかける意味も込めて、嫁さんにお願いしてランニングシューズを買うことを了承してもらえました。

善は急げと20時に閉店する「シラトリ袋井店」へ大慌てで行って20時10分なのにもかかわらず店員に「すぐに選びますんで!」なんて言って無理矢理な感じでセール品のランニングシューズを買ってきました。こうやって衝動的に行動してしまうのは恥ずかしながら私の性分なんで。。。

今度の日曜日は息子二人とも自宅から比較的近い会場(松下金属)でサッカーの試合があるので、3人でその会場まで走って行こうと計画中ですrock

とりあえず暑さに負けず頑張っていこーrock

久しぶりの長距離走

今日は朝から長男坊と二人で浜岡総合グラウンドへ出掛けた。

インパルスFC出身の選手達が多くいるカルトゥーラ小笠とUS大須賀が公式戦で対戦するからだ。

長男坊も自分のサッカー活動で普段はなかなか自分の親友達のサッカーしている姿は見ていなかったので、自分の予定との兼ね合いで観戦出来るようなら一緒に行こうと約束をしていた。

昨日までの天気予報では雨の確率が高かったので普通に車で会場に向かおうと思っていたけど、目が覚めて外を見れば青空が広がる快晴sun

家から会場までの距離もちょうど10Kmで走るにはもってこいの距離かなってこともあり、せっかく休日に久しぶりに晴れたし勿体ないってことで、急遽、二人で走って会場まで行くことにした。

試合開始は9時30分らしいので、少し余裕を持って8時20分に家を出発run

個人的には長距離走が久しぶりのことだったんで少し不安はあったけど、気持ち的には何気にやる気で。それも息子と一緒ってことが一番大きかったんだろうと思う。

タイムを計りながら自分の走るペースを調整して。それに合わせるように長男坊もスピードを緩めてくれて(笑)

途中にあるコンビニで飲み物を調達するのに中に入ったら余りの涼しさに気持ちを揺さぶられながら。

二人が走っているところを車で通りかかった飲み仲間の坪田一家が声を掛けてくれて、「何で走っとんねん。向こうで待ってるぞ~」って(笑)

走りながら長男坊と「あの上り坂は何分くらいで走ろう」とか、自分が少しキツイ時に「ダウン、ダウン」とスピードを落とすように促がしたりもして(笑)

会場までの10Kmを何とか目標の60分で走りきり、個人的に何気に達成感を感じて。

それを横目に余裕綽々の爽やかな顔した長男坊の姿に悔しさ半分、嬉しさ半分だったり。

「よしっ。時間に間に合ったぞ」って長男坊と話して会場に入っていったら実は試合開始が少し早まっていて既に始まっていたというオチがあったり(笑)

少し遅れてきた飲み仲間の勝澤夫妻に、「おっ、来てんじゃん」って言われたので、「まっ、ここまで二人で走ってきたんですけどね」って言ったら、全く信じてくれなかったりで。

そんなこんなで無事に会場に着いて試合観戦してきました。

P10305341

P10305362

P10305393

実は疲れのあまり、あんまりしっかりと見れていなかったような、見れていたような、そんな怪しい感じだったけど、両チームとも試合に出ていた選手達は頑張っている姿を見せてくれてました。結果はスコアレスドローで盛り上がりの部分も少なめでしたが。。。

長男坊自身も午後からトレーニングの予定なので、試合終了後すぐに会場をあとにして再び二人で走り出す。ここで嫁さんから電話で次男坊の病院が終わったのでこちらに向かっているとのこと。帰りは途中で嫁さんの運転する車に乗り込むかたちで帰宅したけれど、久しぶりに走って個人的にも満足しました。既に今は足がだるくなっているけど(笑)

これからはたまに息子達と走る機会を作って、自分もただただ年老いていかないように努力しないとなって感じました。

それにしても息子の走るペースを自分が足を引っ張るようで悔しかったなー。

でも、息子と一緒に走る楽しさを感じることが出来たので良かったです。

さぁ、今日は早めに寝よう!

ではでは、この辺で。また~paper

やっと処分・・・

こんばんはpaper

2年前に引っ越した時に、とりあえずダンボールに詰め込んで持ってきてしまった大量の雑誌を今日、Book Offへ行って処分してきました。

ダンボール1個分を持っていって1,120円。。。

思ったほどの手応えもなく「とりあえずお金になっただけ良しとするか」って感じ。

とりあえず最近行くことが多くなった、ちょっと遠いけどBook Off榛原店。

店内を隅々まで見てたら時間が経つのもあっと言う間。ビックリです。

今日の収穫はこれ↓

P1030286

「バカドリル頭痛」と「バカドリル腹痛」の2冊で210円。

本のタイトル同様に中身はバカな発想でいっぱい。案外それが面白い。

興味がある方は是非。

ではでは、くだらない感じでどうしようもないですがこの辺で。また~paper

こびとづかん

今、個人的にこいつらに夢中です↓

B003ulomzu_09__sx500_sclzzzzzzz_

雑貨屋に行けば必ず目にする「こびと」達。

キャラ構成がメッチャ面白くて、見た目もユニーク。

Figcol2863

210円で販売されている小さめのフィギア。うん、ナイス~good

20100915_1044102

ジグソーパズルも販売されていて実は今、凄く欲しい。

色々とグッズが販売されていて、自分の小遣いに余裕さえあればたくさん集めたいと思ってしまうほどハマってしまったsweat01

この間、「ゆま」にもこの話をしたら、「あれキモ可愛くて良いよね」って言ってた。

うん、ナイス~goodです。(←最近「マルモのおきて」にもハマってますw)

ではでは、しょうもないネタですが、こんな感じで、また~paper

より以前の記事一覧

フォト

こちらもやってます

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

週間天気予報♪


サッカー命の税理士が送るWroldCup
生命保険相談屋によるパーツ
無料ブログはココログ